読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書百遍

一冊百回、一月百冊

自転車のベルや車のクラクションを不快に感じたら読む記事

散歩していたり、自宅にいるときでもよくクラクションが聞こえる。

自転車のベルもよく聞こえる。

 

一体なぜ?

天下の往来はそんな無法地帯なのか。

 

せっかくなので警音器について調べてみる。

 

まずは道路交通法の中で、警音器について規程されている条文を引用。

読みやすくするため、一部段改変を行っています。

第五四条

車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 

左右の見とおしのきかない交差点、

見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 

山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、

見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

 

法律の専門家ではないので、あくまで私はこう解釈したというレベルでいうと

警音器は法律により鳴らさなければいけないと指示されている場所以外では、特例をのぞき鳴らしてはいけない。と解釈します。

 

つまり警音器を鳴らすタイミングは

1見通しのきかない交差点

2見通しのきかない場所のうち、道路標識で指定されている場合

3例外としてやむを得ない場合

 

ということ。

 

1、2は「見えないけど、ここに車がいるぜ!」というPRをするため

3は…どんな場合だろう?

 

危ない!このままだとぶつかる!と言う場合ですね。

 

つまり、前の車が遅いとか、道を開けやがれ!と言った理由で鳴らしちゃダメ。

 

 

 

言い方を変えれば、クラクションを鳴らされたら、事故を防止してくれるために鳴らしてくれたんだ!と感謝しなければいけない状況。

 

もしそうでなければ、法律を知らないバカが自己顕示欲ムンムンで鳴らしているか、天下の往来を自分の所有物と勘違いしている無知無学の輩だから思いっきり蔑んでOK。

 

 

そう考えると、多くの自動車・自転車運転者はバカばっかだ。

私は一日3回はクラクション(自転車のベル含む)を聞く。

特に、年寄りに多い、歩道で「チリンチリンチリンチリン」とベルを鳴らすバカはバカの極み。

自転車は車両を走るのが原則だし、そもそも道路交通法って基本歩行者優先だから、邪魔だからどっか行けという発想はありえない。

 

 

 

だからね。

あなたは悪くないよ、って伝えたい。

 

躾として、音を立てて食べるな、とか足音がうるさいとか、扉を音を立てて閉めるなとか

言われたでしょ?

あれと同じで、本来必要以上に音を立てるって、大変下品な行為なのよ。

 

今度クラクションが聞こえたら考えてみてください。

この警音器は必要だった?って。

もし不要と思ったら、「まーたバカが自己顕示欲ムンムンでなんかしてるな」とでも思って蔑めばいいのです。

会社のロゴが入っていたら、会社の品格を疑えばいいのです。

 

 

1日3回はクラクションが聞こえておかしいなと思って調べたらこういう結果に至りました。