読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書百遍

一冊百回、一月百冊

【放送大学】Javaプログラミングの基礎 履修者のために

私のブログで現状一番人気の記事がこちら。

【放送大学】Javaプログラミングの基礎 自分用メモ - 読書百遍

 

 

なので、アクセス目当て補足でJava履修者を対象にした記事をかいておきます。

全体的に、放送大学でプログラミングをやってみたい!と言う方を応援したいというスタンスで書いております。ぜひ挑戦してみてね!

 

ちなみに私は同科目A評価でした。

小テストをいくつか未提出だったのが響いた模様…。

 

 

 

 

履修を検討したら読んで

まずは全体的な体感難易度のお話、

私は高校時代C言語をかじっています。ただしさっぱり意味ワカランヌでした。

「しゃーぷいんくるーど すたじお どっと えっち」

これだけ覚えています。(分からない方、ごめんなさい)

んで、その後趣味でRubyという言語を少しだけかじっています。

んで、仕事で、通信関係の技術者をちょこっとやりました。

んで、情報コースでいくつかの情報学理論を平行で学びました。

んで、んで、んで、

 

 

そんな人間の体感難易度は、まぁ難しい。

少なくとも2回のレポートを一夜漬けで作るのは不可能でした。

なので、2日間行けば単位もらえるんでしょ?という面接授業を選んだ方が楽の場合もあります。(それぞれ諸事ございますし、授業レベルも色々なので一概には言えませんが)

それでも、プログラミングをやってみたい方!ぜひ履修してみてね!

 

では本題

以下3点を確認しYESなら履修をしてみよう!

・私はパソコンスキルが人並みにあります

・私はWordファイルをPDFにする技術を持っています。

・私は分からないことをインターネットで調べる程度のICTリテラシーを持っています。

 

 

 

次学期が始まる前に読んで

何よりも大切なのはJava実行環境を整えよう

これは絶対にやっておいた方がいいよ。

実際、談話室(履修対象者専用のSNSと思ってください)でも、主任講師からのメールでもかなりJava環境構築に関する話が出ています。

(つーかJava実行環境を整えられる人が履修対象者ってシラバスにも明記されてるんだけどね)

推奨環境はWindowsMacOSですが、私はLinuxMintというOS(正確にはディストリビューション)を使っているが、問題なく単位認定です。

 

履修を始めたら読んで

ここが注意点だ!

・小テストは全部満点を目指そう!

一度間違えても何度もチャレンジ出来ます。そして成績に反映されます。

 

・中間レポート・最終レポートの提出期限は放送授業とは別!

これを間違えたのか中間レポートを未提出の方が目立ちました

 

 

中間レポート・最終レポートにつまずいたら読んで

内容を語るとネタバレになるので、あくまで考え方をかいておきます。

また、私が履修をしたのは2016年1学期ですので、それ以降レポート内容が変更になっている可能性もありますので注意してください。

 

・自力で書けなそうなら、ソースコードのコピペで50%は完了する

ただし、この行は何を行っているかというコメントの記述が必須なので、コピペだけで合格できないようになっているあたりがニクイね!

 

・プログラミングはクリエイティブ&文学的な作業です

ガチガチの理論的な技術と思われがちですが、少なくとも私はこう考えます。

まずはレポートの内容をよく読んで、私ならこのプログラムをどのように書こうか?ということを考えてください。出来る、出来ないは別です。とにかく、私はこういうプログラムを書こうと決めてください。そして、どうすれば書けるかという作文を書いてください。(フローチャートともいう)

解答が無限に存在するのが、プログラミングの最も楽しい点なのですから!

 

 

・実装方法が分からない?あなたの目の前にある機械はインテリアですか?

分からないことは容赦なくGoogleを使いましょう。

誤解を恐れずに言えば、プログラミングには「車輪の再発明」を嫌う文化があります。

ひどい言い方をすれば、プログラミング初学者が考えつく程度のプログラムは大体何らかのヒントは検索で見つかります。(勿論、自動音声認識、翻訳人工知能のような、超高度なプログラムを書く気でいるなら別ですが、それを実装しようとしてもヒントは見つかると思いますよん)

※ただし、コピペは基本止めておく事をオススメします。

パッケージを使うなら、しっかりコメントで明記した方がいいと思うよ。

 

 

 

 小ネタ

放送大学学生専用ホームページには、Java履修対象者限定のコミュニティ(と言う言い方でいいのかしら?)があります。そちらで様々な方が質問・解答を行っていたので、使ってみるのもいいでしょう。

 

 

最後に

私は放送大学Javaプログラミングの基礎を履修する方を強く応援しております。